特別養護老人ホーム入所待ちの現状って?

 

⇒ クリックひとつで検索可能な5つのサイト

 

特別養護老人ホーム(特養ホーム)は公的な高齢者施設なので、費用を抑えることが出来ます。とても人気があるので、どこも常に入所待ちの状態で、すぐには入所出来ないのが現状です。特別養護老人ホームに実際に入所出来るまでに、何ヶ月、何年と待ったという話もよく聞きます。1年以上待った方が3割以上いるともいわれています。入所する側の状況によって、数年待たなければならないこともあるようです。

 

特別養護老人ホームに入れるのを待っている人は全国で52万人以上いるといわれていて、5年前と比べて一気に10万人近くも急増しています。それだけ高齢化が進み、特別養護老人ホームの需要が高くなっていることがわかります。特に東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪などの首都圏や大都市では入所待ちの方が多いようです。これらの地域は地価が高くて、施設のため土地の確保しずらいことも影響していると思われます。

 

特別養護老人ホームに入所を申し込し込むと「数百人待ち」ということもよくあります。そんな数字を聞くと、気が遠くなるような思いになってしまうでしょう。1人の方が複数の特別養護老人ホームに申し込むことが出来るので、実際の待機待ち人数は、それよりかは少ない人数となります。しかし、それを差し引いても、特養ホームの待機待ち状況は深刻なものがあります。

 

特別養護老人ホームに代わる施設は? 

特別養護老人ホームは公共団体が運営をしているの施設なので費用が比較的安く済むということもあり、とても人気があります。しかし、今までお話ししてきましたように、どこの施設も入所待ちの状態です。

 

数か月以上もの間待つことはできない。早く施入る施設をきめてしまいたい、という方も当然たくさんいるでしょう。また、入所待ちまでの間、他の施設を探す必要がある、という方もいるかと思います。

 

特別養護老人ホームは、基本的には要介護3以上の方が対象となっています。特養ホームに代わって、要介護3以上の方が入れる施設は他にもあるのでしょうか?

 

・有料老人ホーム
65歳以上の方が対象で、食事や入浴、掃除などの日常生活全般の介護サービスを受けられます。居室は全て個室です。民間が経営する施設なので、入居時に支払う一時金や月々の費用は高めですが、居室の質や食事、サービスなども多種多様で、選択肢が豊富です。

 

・サービス付き高齢者向け住宅
バリアフリー対応など、高齢の方が住みやすい設備が整った民間が経営する賃貸住宅です。生活相談員が常駐していて、安否確認や生活相談などのサービスを受けられます。賃貸借契約となるので、入居一時金ではなく敷金・礼金がかかりますが、入居一時金に比べて安く済みます。その他に家賃・管理費・水道光熱費、そして生活サービスの提供費を月々支払います。介護サービスは、通常の自宅の場合と同じように、訪問介護サービスを利用することになります。要介護度の低い方が対象ですので、要介護度が重くなってくると住み続けることが出来ないというデメリットもあります。

 

・介護療養型医療施設
医師、看護師、介護福祉士、管理栄養士など、それぞれの分野の専門スタッフが揃っている施設です。要介護1以上の方が入所出来ます。老人ホームというよりは病院としての役割が強いので、レクレーションなどは少ないのが現状です。

 

・介護老人保健施設
介護やリハビリが中心の公共の施設です。原則として65歳以上で要介護度が1以上の方が条件になります。在宅復帰を目指したリハビリが中心なので、入所期間は3ヵ月から半年になります。入所する時には、退所後のことも考えておく必要が出てきます。

 

では、どうやって施設を探したらいいのでしょうか?

しかし大変なのが、理想とする施設をどうやって探すかです。この問題を解決してくれるのが、「有料老人ホームの検索サイト」です。ご家族の方の最寄りの老人ホームや高齢者住宅などを、あなたの希望にあわせて一覧でチェックできるオンラインサービスです。

 

地域や費用、入居条件などの希望条件を入れると、あなたの希望する施設が見つかる仕組みです。さらにそこから、資料請求や施設見学などを無料で依頼することができます。

 

そんなお薦めの「有料老人ホームの検索サイト」の中で、特に利用者の多いサイトは次の5つです。

 

HOMES介護

 

介護DB

 

探しっくす

 

シニアのあんしん相談室(ウェブクルー)

 

みんなの介護