特養入所のための優先順位の決め方って?

特別養護老人ホームは入居希望者が多いので、どこの施設でも入所を待っている方がたくさんいるのが当たり前です。では、入所を待っている人は申し込み順に入所出来るのかというと、そうではありません。入所する順番を決めるためには、優先順位の基準があるのです。

 

今まで、特別養護老人ホームは要介護1以上の認定を受けた人が入所申し込みをすることが出来ました。しかし平成27年4月からは介護保険制度が新しくなり、新規申し込みが出来るのは要介護3以上となりました。これは、特別養護老人ホームに入所したいと望んでいる重度の要介護度の方が、優先的に入れるようにするためです。

 

優先順位の基準としては、入所の緊急性が高いと思われる方から優先されるように考えられています。要介護度が高い方、経済的に自宅介護が困難な方などは優先されます。優先順位は、本人だけではなく、介護する側の方の状況や、待機場所の状況なども踏まえて考えられます。例えば、ひとり暮らし世帯や老老介護の場合、介護者が離れた場所に住んでいる場合などです。

 

特別養護老人ホームは、要介護が3以上の方しか入所できないというわけではありません。要介護1 や2 の方でも、以下のように特例的に入所出来るケースがあります。

 

@認知症があり、日常生活において支障が生じるような症状・行動・意思の疎通が難しいことが頻繁にあること

 

A知的障害や精神障害等があり、日常生活に支障が出るような症状や行動・意思の疎通が困難であること

 

B深刻な虐待の疑いがあり、心身の安全の確保が難しい状態であること

 

C単身世帯や、家族が高齢であったり病弱であるために支援が出来ず、地域で行っている介護サービス・生活支援も不十分な状態であること

 

 

これらの事情がある場合は、要介護1や2の方でも優先的に入所が可能です。入所申込みをする際には、これらの事情を申込書等に記載する必要があります。

 

このように、特別養護老人ホームに入所するための優先順位は、本人や介護者の事情などを総合的に判断して、入所の必要性の高い人から入所出来るようにしています。

 

また、これらの条件を満たしていても、長期入院が必要な病気があったり、伝染病にかかっている場合は、入所出来ない施設も多々あります。また、地域密着型の施設では、その地域に住民票がある事が条件となっていることもあります。