特別養護老人ホーム とその他の介護施設との違いって?

特別養護老人ホームは、基本的には要介護3以上の方が対象となります。要介護3というと中程度の介護が必要な状態で、日常生活全般において一人では出来ずに介護が必要な状態です。具体的には食事、入浴、排泄、立ち上がる時や歩行、身だしなみ、掃除などにサポートが必要な状態です。

 

特別養護老人ホームの入居条件が要介護3以上と言うことは、比較的症状の重い方が対象ということになります。その他の介護施設は入居条件の介護度がもう少し低かったり、認知症の方が対象であったり、自宅で生活するための訓練が目的であったりするところがあります。

 

例えば、介護老人保健施設は在宅復帰を目的とした施設で、そのためのリハビリが中心となります。入居条件は要介護1以上の方です。

 

サービス付き高齢者住宅はバリアフリー構造の、高齢者に向けた賃貸住宅です。安心出来る要素として、生活相談員が駐在していることがあげられるでしょう。高齢者が一人で暮らしていると何かあった時に発見が遅れがちですが、生活相談員がいれば安否確認をしっかりとしてくれるので安心です。

 

また生活全般の相談にものってくれます。賃貸住宅なので、普通の自宅と同じように訪問介護を受けることも出来ますし、施設によってはそれらのサービスを提供しているところもあります。こちらも軽度の要介護度の方が対象となります。

 

介護療養型医療施設は、要介護1以上の方が対象の医療が中心の施設です。医師や看護師、介護福祉士、管理栄養士などの専門スタッフが揃っているので、十分な医療や看護を受けることが出来て安心です。病院なのでレクレーションなどは少なく、そういった面でのデメリットはあります。

 

その他にも、認知症の方のためのグループホームがあります。これは認知症の方が共同で生活をしながら生活全般における介護や機能訓練を受けられる施設です。要支援2以上の認知症の方が対象です。

 

特別養護老人ホームは公共の施設であるため、比較的費用が安く済みます。ただし、その分とても人気があり、どこの施設も常に入居待ちの状態です。有料老人ホームは民間経営のため入居一時金や月々の費用が高めではありますが、比較的入所しやすいようです。

 

特別養護老人ホームは終身であるということも特長です。一旦入所すれば何か特別な事情がない限りは、入所し続けることが可能です、その他の介護施設では期間が限定されるところもあります。

 

介護老人保健施設は自宅での生活復帰を目的としたリハビリ中心の施設であるため、通常入所できる期間は3ヶ月です。また、その他の施設でも比較的軽度の要介護度の方を対象としたところでは、要介護度が重くなると入所を続けることが出来なくなる施設もあります。