従来型特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、施設の居室の形態によって2つに分けることができます。1つは定員4人以下の多床室と一部個室から成る「従来型特別養護老人ホーム」です。もう1つは定員1名の個室が主体となり、定員10人のユニットごとにケアを行う「新型(ユニット型)特別養護老人ホーム」です。では、こちらでは従来型と呼ばれる特別養護老人ホームについてご説明していきましょう。

 

特別養護老人ホームは、今までは「従来型」だけでした。従来型特別養護老人ホームは、従来通りの特別養護老人ホームということになります。2001年から新型(ユニット型)の特別養護老人ホーム」が新設されるようになったことで、「従来型」と呼ばれるようになったのです。

 

従来型といわれる特別養護老人ホームには、定員が4人以下の多床室と定員が1人および2人の個室があります。指定基準では1人当たりの床面積は10.65平方メートル以上あること、トイレと洗面室は居室のある階ごとに設置すること、廊下は、1.8メートル以上(中廊下は2.7メートル以上)の幅があること、と決められています。

 

また、居室、食堂、浴室、トイレ、洗面室、機能訓練室、医務室、静養室、面談室、看護職員室、介護職員室、調理室、洗濯室、汚物処理室、介護材料室、事務室などの設備があります。実際には多床室とユニットケアの両方ともある施設も存在しますが、2011年に法制度が改正され、多床室とユニットケアを別々の施設として扱うようになりました。

 

従来型とされる特別養護老人ホームは4人部屋が主流なので、プライバシーの確保が難しいというデメリットがあります。

 

特に入居期間が長くなると、入居者のストレスも大きくなりやすく、改善が求められてきました。また介護する側の目が行き届きやすく管理がしやすいというメリットがある一方で、入居者の自立を尊重したケアがしにくくなるというデメリットもあります。

 

しかし、入居者同士のコミュニケーションがとりやすく、そういった多床室ならではのメリットもあるのではないか、という声も聞かれています。また、費用の面でも新型(ユニット型)と呼ばれている特別養護老人ホームよりも安く済むというメリットもあります。

 

特別養護老人ホームの中でも従来型と新型(ユニット型)のどちらが合っているかは、入居者のニーズによって変わってくると思います。それぞれの特徴をよく踏まえた上で、ご希望に合ったタイプを選ばれると良いとでしょう。