朝食用パンの納入業者として養護老人ホームに出入りしています(した)

私は、パン屋です。今は、個人経営の特養ホームに、週に2回朝食用のパンの卸しと週に1回パンの移動販売を行っています。今年3月まで市が経営している特養ホームにも朝食用のパンを卸していましたが、4月になり打ち切られました。

 

理由は「経営をある企業に委託することが決まったから」との事です。それまで卸していた他のお店もすべて打ち切られました。しばらくして栄養士さんとお会いする機会があり最近の様子を伺ったところ、入居者さんからも職員さんからも苦情が相次いでいるとの事でした。

 

食事についても、「食べたくない」とわがままを言う人がいて困っているそうです。外に出ない入居者にとって、3度の食事はとても重要な楽しみのひとつとのことです。今までは食事で季節が感じられるようになど工夫をしていたそうですが、その食事が委託になったことで質が落ちてしまい、「食べたくない」「楽しみがなくなった」と不満がでているとの事でした。

 

私が今まだ卸している特養ホームでは、「入居者さんが外に買い物に出ることができず、自分で選ぶことがあまりできないから」との事で移動販売にうかがうことになりました。楽しそうにパンを選んでいる姿を見るととてもいい施設だなと感じます。

 

朝食納入業者さんの証言関連ページ

栄養士さんの証言
特別養護老人ホームの栄養士として働いていた経験のある方の証言です。
介護福祉士さんの証言
特別養護老人ホームでの介護福祉士の経験がある方からの証言です。